Cameraと散歩

since '140125

朝日新聞

140828 不都合な史実に向き合わない「朝日新聞」は廃刊せよ

不都合な史実に向き合わない「朝日新聞」は廃刊せよ 8月5、6日の紙面で、「朝日新聞」は吉田清治氏(故人)の「慰安婦強制連行」の証言を虚偽とし、関連記事を取り消すと発表した。 世紀の大誤報を報じた朝日の紙面から伝わってきたのは、しかし、反省なき自己…

140929 慰安婦特集記事の一部を訂正します

’14/09/29の朝日新聞から 慰安婦特集記事の一部を訂正します 8月5日の特集記事「慰安婦問題を考える(上)」で、朝日新聞社は、韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽だと判断し、吉田氏に関する記事を取り消しました。 初…

140912 「吉田氏、所員の判断追認」「所員に違反の認識なし」

140912 「吉田氏、所員の判断追認」「所員に違反の認識なし」 8月以降 指摘相次ぐ 朝日新聞の吉田調書報道「命令違反で撤退」に対しては、吉田調書を入手したとする新聞メディアから8月以降、食い違いの指摘が相次いだ。 「命令違反」と断じる根拠に乏しいと…

140912 無理にニュースに仕立てた印象

140912 無理にニュースに仕立てた印象 元政府事故調委員・吉岡斉氏 朝日新聞の吉田調書に関する報道について、これまで見た限りでは、新しい情報は見あたらなかった。 相当無理をしてニュースに仕立てているような印象だった。 「命令違反」とまでは言えない…

140912 「公正さ」を欠き 批判は免れない

14/09/12 吉田調書をめぐる本社報道 経過報告 「公正さ」を欠き 批判は免れない 元共同通信論説副委員長・藤田博司氏 5月20日の吉田調書の初報を読んだとき、引用されていた吉田さんの言葉と「命令違反」「撤退」という見出しや記事のニュアンスに違和感を覚…

140912 記事取り消しが、なぜ遅くなったのか

140912 吉田調書をめぐる本社報道 経過報告 記事取り消しが、なぜ遅くなったのか 他社の報道後も、当初は考え変えず 朝日新聞の記事に対しては、掲載直後から、ジャーナリストらが「誤報だ」「決死の覚悟の人たちを貶おとしめている」などとブログや週刊誌な…

140912 所長発言を、なぜ一部欠落させたのか

140912 吉田調書をめぐる本社報道 経過報告 所長発言を、なぜ一部欠落させたのか 「事後の感想であり不必要」と評価誤る 吉田所長が、福島第二原発へ避難した所員の行動を「はるかに正しい」と評価していた部分や、「伝言ゲーム」で所員の多くに指示がつたわ…

140912 「命令違反し撤退」と、なぜ誤ったのか

14/09/12 吉田調書をめぐる本社報道 経過報告 朝日新聞は、「吉田調書」の内容を報じた記事の中で、福島第一原発の事故で所員が「吉田所長の命令に違反し、福島第二原発に撤退」と誤った表現をした経緯について、社内で調べました。 これまでの調査の結果、…

’14/09/12の朝日新聞 吉田調書 政府が公開

’14/09/12の朝日新聞 吉田調書 政府が公開 政府は11日、東京電力福島第一原発事故に関して、政府の事故調査・検証委員会が関係者から当時の状況を聞いた「聴取結果書(調書)のうち、吉田昌郎元所長ら計19人分を公開した。 この日開示されたのは吉田氏のほか…

140912 みなさまに深くおわびします 2-2

140912 みなさまに深くおわびします 2-2 朝日新聞社社長 木村 伊量 様々な批判、指摘を頂いている慰安婦報道についても説明します。 朝日新聞は8月5日付朝刊の特集「慰安婦問題を考える」で、韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の…

140912 みなさまに深くおわびします 1-2

140912 みなさまに深くおわびします 1-2 朝日新聞社社長 木村 伊量 朝日新聞は、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、いわゆる「吉田調書」を、政府が非公開としていた段階で独自に入手し、今年5月20日付朝刊で第一報を報じまし…

’14/09/12の朝日新聞記事 吉田調書「命令違反し撤退」報道 本社、記事取り消し謝罪

’14/09/12の朝日新聞記事 吉田調書「命令違反し撤退」報道 本社、記事取り消し謝罪 朝日新聞の木村伊量ただかず社長は11日、記者会見を開き、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、吉田昌郎まさお所長(昨年7月死去)に対する「聴…

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 他紙の報道は 2-2

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 他紙の報道は 2-2 09年代初期には、「慰安婦」と「挺身隊」の混同も見られた。 朝日新聞の過去の記事に両者の混同があったことなどを批判した読売新聞は、91年8月26日朝刊の記事「『従軍慰安婦』に光を 日韓両国で…

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 他紙の報道は 1-2

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 他紙の報道は 1-2 他の新聞社は慰安婦問題をどう報じてきたのか。 国立国会図書館に所蔵されているマイクロフィルムや記事を検索できる各社のデータベースなどを参考に、特に1980年代後半以降の読売新聞、毎日新聞…

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 3-3

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 3-3 91年8月の記事でキーセンに触れなかった理由について、植村氏は「証言テープ中で金さんがキーセン学校について語るのを聞いていない」と話し、「そのことは知…

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 2-3

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 2-3 8月11日に記事が掲載された翌日、植村氏はは帰国した。 14日に北海道新聞のソウル特派員が元慰安婦の単独会見に成功し、金学順キムハクスンさんだと特報。 韓…

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 1-3

’14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない 1-3 疑 問 元朝日新聞記者の植村隆氏は、元慰安婦の証言を韓国メディアよりも早く報じました。 これに対し、元慰安婦の裁判を支援する韓国人の義母との関係を利用…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「軍関与を示す資料」 2-3

’14/08/05 「軍関与を示す資料」本紙報道前に政府も存在把握 2-3 政府の河野談話の作成過程の検証報告書によると、記者が図書館を訪れたのと同じ92年1月7日、軍関与を示す文書の存在が政府に報告されている。 政府は91年12月以降、韓国側から「慰安婦問題が…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「軍関与を示す資料」 1-3

’14/08/05 「軍関与を示す資料」本紙報道前に政府も存在把握 1-3 疑問 朝日新聞が1992年1月11日朝刊1面で報じた「慰安所 軍関与示す資料」の記事について、慰安婦問題を政治問題化するために、宮沢喜一首相が訪韓する直前のタイミングを狙った「意図的な報道…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「済州島で連行」証言 2-2

'14/08/05の朝日新聞 「済州島で連行」証言 2-2 今年4〜5月、済州島内で70代後半〜90代の計約40人に話を聞いたが、強制連行したという吉田氏の記述を裏付ける証言は得られなかった。 干し魚の製造工場から数十人の女性を連れ去ったとされる北西部の町。 魚を…

'14/08/05の朝日新聞 「済州島で連行」証言 1-2

'14/08/05の朝日新聞 「済州島で連行」証言 1-2 疑問 日本の植民地だった朝鮮で戦争中、慰安婦にするため女性を暴力を使って無理やり連れ出したと著書や集会で証言した男性がいました。 朝日新聞は80年代から90年代初めに記事で男性を取り上げましたが、証言…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 3-3

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 3-3 97年の特集では「本人の意思に反して慰安所にとどまることを物理的に強いられたりした場合は強制があったといえる」と結論づけた。 河野談話が発表されて以降、現在の安倍内閣も含めて歴代の政権は談…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 2-3

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 2 朝鮮半島でどのように慰安婦が集められたかという過程は、元慰安婦が名乗り出た91年以降、その証言を通して次第に明らかになっていく。 93年2月、「韓国挺身隊問題対策協議会」は、元慰安婦約40人のう…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 1-3

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 強制連行 1 疑問 政府は、軍隊や警察などに人さらいのように連れていかれて無理やり慰安婦にさせられた、いわゆる「強制連行」を直接裏付ける資料はないと説明しています。 強制連行はなかったのですか。 自由を奪…

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 慰安婦問題とは 1-2

'14/08/05の朝日新聞から 「読者の疑問に答えます」 朝日新聞の慰安婦報道に寄せられた様々な疑問の声に答えるために、私たちはこれまでの報道を点検しました。 その結果を読者の皆様に報告・・します。(慰安婦問題取材班) =文中の肩書は当時、記者の年齢…

’14/08/05の朝日新聞1面の署名記事 3-3

「過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております」 官民一体で作られた「アジア女性基金」が元慰安婦に償い金を渡す際、歴代首相は…

’14/08/05の朝日新聞1面の署名記事 2-3

’14/08/05の朝日新聞1面の署名記事 2 慰安婦問題に光が当たり始めた90年代初め、研究は進んでいませんでした。 私たちは元慰安婦の証言や少ない資料をもとに記事を書き続けました。 そうして報じたの記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました…

’14/08/05の朝日新聞1面の署名記事 1-3

’14/08/05の朝日新聞1面の署名記事 慰安婦問題の本質 直視を 編集担当 杉浦 信之 日韓関係はかつてないほど冷え込んでいます。 混迷の色を濃くしている理由の一つが、慰安婦問題をめぐる両国の溝です。 この問題は1990年代初めにクローズアップされ、元慰安…