読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

'14/08/05の朝日新聞 読者の疑問に答えます 「軍関与を示す資料」 1-3

P1010165
’14/08/05 「軍関与を示す資料」本紙報道前に政府も存在把握 1-3

疑問 朝日新聞が1992年1月11日朝刊1面で報じた「慰安所 軍関与示す資料」の記事について、慰安婦問題を政治問題化するために、宮沢喜一首相が訪韓する直前のタイミングを狙った「意図的な報道」などという指摘があります。

P1020898
この記事は、防衛庁防衛研究所図書館所蔵の公文書に、旧日本軍が戦時中、慰安所の設置や慰安婦の募集を監督、統制していたことや、現地の部隊が慰安所を設置するよう命じたことを示す文書があったとの内容だった。

R0016103
慰安婦問題は90年以来、国会で繰り返し質問された。
政府は「全く状況がつかめない状況」と答弁し、関与を認めなかった。
朝日新聞の報道後、加藤紘一官房長官は「かつての日本の軍が関係していたことは否定できない」と表明。
5日後の1月16日、宮沢首相は訪韓し、盧泰愚ノテウ大統領との首脳会談で「反省、謝罪という言葉を8回使った」(韓国側発表)。


P1010167
文書は吉見義明・中央大教授が91年12月下旬、防衛研究所図書館で存在を確認し、面識があった朝日新聞の東京社会部記者(57)に概要を連絡した。
記者は年末の記事化も検討したが、文書が手元になく、取材が足らないとして見送った。
吉見教授は年末年始の休み明けの92年1月6日、図書館で別の文書も見つけ、記者に伝えた。
記者は翌7日に図書館を訪れて文書を直接確認し、撮影。
関係者や専門家に取材し、11日の紙面で掲載した。


P1010169