読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

’14/09/12の朝日新聞記事 吉田調書「命令違反し撤退」報道 本社、記事取り消し謝罪

DSC_3140
’14/09/12の朝日新聞記事

吉田調書「命令違反し撤退」報道
本社、記事取り消し謝罪


朝日新聞の木村伊量ただかず社長は11日、記者会見を開き、東京電力福島第一原発事故政府事故調査・検証委員会が作成した、吉田昌郎まさお所長(昨年7月死去)に対する「聴取結果書」(吉田調書)について、5月20日付朝刊で報じた記事を取り消し、読者と東京電力の関係者に謝罪した。
杉浦信之取締役の編集担当の職を解き、木村社長は改革と再生に向けた道筋をつけた上で進退を決める。


DSC_3141

慰安婦巡る記事
撤回遅れを謝罪


朝日新聞社は、「信頼回復と再生のための委員会」(仮称)を立ち上げ、取材・報道上の問題点を点検、検証し、将来の紙面づくりにいかす。
ー略ー


DSC_3142
朝日新聞社が、韓国・済州島慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽と判断し、関連記事を取り消したこと、その訂正が遅きに失したことについて、木村社長は「おわびすべきだった」と謝罪した。

名古屋高裁長官の中込秀樹氏を委員長とする第三者委員会を立ち上げ、過去の報道の経緯、国際社会に与えた影響、特集紙面の妥当性などの検証を求める。


DSC_3143