読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

151113 あれから1年2か月

DSC_4740
2014年9月11日の暴風雨で国道453号のポロピナイ付近の道路と橋が大量の雨水と押し流されてきた岩石と流木に削られてしまった。
現在でもオコタンへの道路はまだ工事中で通れない。

ポロピナイにある駐車場
この道路(国道453号)ができた当時は、この駐車場から恵庭岳が見えていたのだが、今は樹が高く伸びてしまい見えない。


DSC_4742
北東側の森には風雨に痛めつけられたのか、葉をつけられない樹もある。

DSC_4743

DSC_4745
駐車場から少し登ると疎林となり恵庭岳が見えるところがある。

DSC_4747
活火山なので噴煙が出ている。

DSC_4752
上空の風の向きによって立ちのぼる煙の向きが変わる。

DSC_4753
新しいガードレールが取り付けられている。

DSC_4754
下手の道路端には流されてきた小さな岩が残っている。

DSC_4757
あそこは道路が削られて流されたところ。

DSC_4758
大岩が取り除かれ、土嚢が積まれている。

DSC_4759
土嚢の上に登って下流を見る。
水が流れた所がえぐられている。


DSC_4765
古いガードレールが一部残っているところ。

DSC_4774
左手に岩を3段に積んだところ。

DSC_4768
その下流は、樹が倒れ地表が削られた跡が残る。

DSC_4777
流されてきた樹や大岩は取り除かれ整地されて景観が整えられている。

DSC_4798
しかし、今まであった歩道は通行禁止状態で、流された橋はかかったが歩道部分は作られていない。