読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

161105 TPP特別委可決

DSCT0055 (1 / 1)

TPP 特別委可決 与党、今国会成立へ強行

との見出しの平成28年11月5日の朝刊1面

衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会は4日、TPP承認案と関連法案を自民、公明、日本維新の会の3党の賛成多数で可決した。
与党は8日の米大統領選までに衆院通過させるため、同日の衆院本会議で可決し参院に送付する方針。

民進、共産両党は山本有二農水相が自身の強行採決発言を「冗談」としたことに反発して特別委を退席したが、与党は採決を強行した。
国内農業への影響や「食の安全」をめぐる政策論争が深まらないまま、承認案と関連法案の今国会成立を目指す政府・与党の強硬な姿勢が際立つ形となった。

ーとしている。


DSCT0057 (1 / 1)

上の写真は衆院特別委員会の採決の際のものだが、あらかじめ掲示するものを用意しての行動とみられ、記者席からよく見えるように掲げている。
すでに脚本ができていたようで、まるで通過儀式の一幕みたいである。