読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

’16/12/21の卓上四季

161224卓上四季161221

’16/12/21の卓上四季

普天間飛行場辺野古への移設を巡り、埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事を国が相手取った訴訟で、最高裁は国に軍杯を上げた。
基地の負担は県内で引き受けるとする国の方針にお墨付きを与えた。
沖縄に米軍が集中する差別に思い至らなかったようだ。

ーとし、さらに
米軍のオスプレイの事故も墜落か不時着か結論を見ぬうちに飛行が再開された。
ーと。


161224辺野古国勝訴161221

「基地の負担は県内で引き受ける」
「沖縄に米軍が集中する差別」
〜とあるが、米ソ冷戦時などには北海道・東北にも米軍基地があったことを卓上四季氏は知らないらしい。
日中・米中が緊張状態にある現在、日本の南に備えを集中するのは差別と認識するのだろうか。

日本という国が存在してこそ報道・発言できる環境が保たれるということと考えるのだが、もしかして日本という国が無くなった方が良いと思うようになるように読者を洗脳しているのだろうか。


161224オスプレイ不時着161214

また、12/14の紙面で「オスプレイ不時着」、12/21の紙面でも「オスプレイ不時着事故」と書いているのに、卓上四季氏は12/21に「墜落か不時着か結論を見ぬうち」と書いて読者の意識を操作しようとしているように思える。