Cameraと散歩

since '140125

220927 北海道似湾編 カケス 6の2

IMGR074-10

履 歴 稿    紫 影子  

北海道似湾編
  カケス 6の2


そうした保君は、間もなく駈け戻って来たが、その右の手には嘗て私が見たことの無い刃物を持って居た、その刃物は刃部の部分だけがピカピカ光って居て、母が野菜を刻む時に使う包丁に似た形の物であったが、どっしりと重量感のある刃物(後日それが鉈と言う刃物であると言うことを知ったのだが、その時には判らなかった)を持って居た。

その保君は、早速跳釣瓶の井戸の傍にある雑木の茂みの中へ飛び込んで手頃な木を二本切って来た。

「オイ、お前その木で何を作るんよ。」と私が言うことには答えないで、保君はその鉈を振って切って来た木を削って居たが、やがて二本の木刀が出来あがった。

「オイ、出来たぞ。これであのヨモギを全部二人で叩き切るんだ。」と言って、保君は私にその木刀を一本私に手渡した。

私と保君がその木刀で枯ヨムギを縦横十文字と、「エイツ、ヤツ」と言う気合をかけて、盛んに薙ぎ倒して居ると、そうした二人の激しい気合を聞いたからであろうが、ヒョッコリと兄が出て来て、「オイ、二人共面白そうだなあ、一つ俺にもやらせろ」と言って、保君の木刀を借りた。




IMGR074-11

「ウム、こりゃ面白いぞ。」と言って、夢中になって跳廻っている間に、保君が更に一本の木刀を作って来たので、それからは三人が揃って、思い思いに「エイッ、ヤッ」と言う気合をかけてその枯ヨムギのある所を跳廻って、アッと言う間に全部の枯ヨムギを薙ぎ倒してしまった。

私の母は千変万化と言った状態で、縦横無尽と跳廻って居る様子を、それまで「ハハハハ」と笑いながら傍観をして居たのだが、私達がその全部を薙ぎ倒してしまうと、「これを全部適当に縄で縛って、物置へ積んでおくれ。」と言って、引越荷物に使ってあった縄を持って来た。

私達は、その縄で母も混えた四人がかりで適当の丸さに束ねて、それを私達少年三人の手で、物置へ運んだのであったが、その枯ヨムギの焚付けは、翌年の春まで母を喜ばしたものであった。



081109 深圳で暴動 警察を襲撃

IMGM0205-23

'08/11/09 の新聞記事から

深圳で暴動 警察を襲撃

【香港8日時事】中国広東省深圳市で7日午後から8日未明にかけて、当局の二輪車取り締まりで死者が出たことに怒った群衆数千人が交通警察を襲撃する暴動が起きた。
地元のニュースサイト・深圳新聞などが伝えた。
中国では行政当局の不正や横暴に起因する騒乱が各地で起きているが、同市のような大都市では珍しい。

7日午前、二輪車が検問を突破。
現地当局職員がトランシーバーを投げたところ、運転していた男性の頭部に命中し二輪車は街灯に衝突、男性は死亡。
「交通警察官が人を殴り殺した」といううわさが広まったことから、群衆が交通警察の施設を襲った。
負傷者が出たかどうかは不明。



220831 北海道似湾編 カケス 6の1

IMGR074-04

履 歴 稿    紫 影子  

北海道似湾編
  カケス 6の1


多盛老人の末子であった保君は、私と同年輩ではあったが、学校では早生れの私より一級遅れて居た。

私の家の附近には、向いに多盛老人の家が一軒きりと言った関係が多分にあったが、学校から帰ると保君と私は、いつも仲良く遊んだものであった。

私の家の裏に一度は開墾をしたことがあるらしい二段歩程の空地があったが、其処には一米程の背丈でヨムギの枯立が密生して居た。




IMGR074-05

それは、私達が引越て来てから一週間程経過をした或る日の午后のことであったが、保君と私が、石蹴と言う競技的な遊びをして居た時に、私の名を裏の物置から母の声が呼んだので、「保君、一寸待ってくれ」と、タイムを要求して私が物置へ駈けつけると、「焚付けが無くなったから、裏の枯れたヨムギを折って来ておくれ」と、母が言いつけたので、「よっしゃ」と、裏へ行って枯れたヨムギを一本一本ポキンポキンと折って居ると、傍へ寄って来た保君が、「そのヨムギどうするのよ」と、聞いたので、「うん、これお母さんが焚付けにするのよ。」と私は答えた。
すると「よし、それならば俺も手伝ってやる」と言って保君は、私と少々離れた所でそのヨムギを手折り始めた。




IMGR074-06

私が五十本程手折ったヨムギを、「これだけあれば良いかい」と言って、母へ差出すと、その枯ヨムギを私の手から受取った母が、「毎日使うんだから、もっと沢山取って欲しいわ。」と言って居る所へ、私の三倍以上の量を抱きかかえて来た保君が、「おばさん、焚付けにするのなら、雁皮と言ってとても良い木の皮があるよ、だけどおばさんが、この枯ヨムギで良いと言うのなら、俺、此処の奴全部取ってやるよ。」と言ってから、「俺うまいことを考えたんだ、今作ってくるから一寸待っとれよ。」と、その一抱えの枯ヨムギを母の前へ投げ出して自分の家へ走って行った。