Cameraと散歩

since '140125

190627 文氏「韓国案が現実的」  徴用工問題 日本に再考求める

DSC_4230
’19/06/27付北海道新聞朝刊8面の記事

文氏「韓国案が現実的」
徴用工問題 日本に再考求める


【ソウル幸坂 浩】韓国大統領府は26日、文在寅大統領が20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で訪日するのを前に各国の主要通信社が行なった書面インタビューの内容を発表した。
文氏は、元徴用工訴訟の判決をめぐる日韓の対立を解消するには、日韓の関係企業が自発的に拠出したお金で原告を救済するという韓国側の案が「現実的な解決案」だと主張。
G20を機に関係を改善できるかは「日本にかかっている」として案の受け入れを求めた。

日本政府は補償問題は日韓請求権協定で解決済みとの立場で、既にこの韓国側の提案を拒否している。
G20に合わせた日韓首脳会談も設定されていないため、文氏は日本側に再考を求めた格好だ。




DSC_4233
文氏はインタビューで、請求権協定の締結後に国際的な人権意識が高まったと指摘。
今も続く被害者の苦痛をどのように癒すか「両国が知恵を集めなければならない」と発言した。
「首脳間の協議について私はいつでも対話の門を開いている」とも述べた。

また、朝鮮半島の平和を構築する過程では日朝関係の正常化も必要だとして「日朝首脳会談が成し遂げられるよう積極的に支持し協力する」と述べた。




DSC_4234
日本製鉄の控訴を棄却 ソウル高裁

【ソウル共同】ソウル高裁は26日、植民地時代に製鉄所などで強制労働させられたとして韓国人元徴用工7人の遺族が日本製鉄(旧新日鉄住金)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、同社に一人当たり1億ウォン(約930万円)の支払いを命じた一審判決を支持し、同社の控訴を棄却した。
同社の敗訴は上告審と控訴審で計3件目となる。




DSC_4236
元徴用工元朝鮮女子勤労挺身隊員による同種訴訟では、韓国最高裁で昨年10月末、日本企業敗訴の判決が初めて確定して以降、他に上告審で2件、控訴審で7件の日本企業敗訴判決が言い渡され、原告側がすべて勝訴している。


190720-190627文氏韓国案が現実的

190620 徴用工 両国企業が賠償  韓国が解決策提案 河野氏は拒否

DSC_4219
’19/06/20付北海道新聞朝刊5面の記事

徴用工 両国企業が賠償
韓国が解決策提案 河野氏は拒否


韓国外務省は19日、元徴用工訴訟で勝訴が確定した原告らへの損害賠償の支払いを巡り、日韓両国企業が相当額を出資する方式を日本政府に提案したと発表した。
日本側が受け入れるなら、2国間協議に応じることを検討するとしている。
一方、日本側は拒否し、両国の立場は依然として平行線をたどっている。




DSC_4223
日本、第三国仲裁要請

韓国最高裁が昨年10〜11月に三菱重工業新日鉄住金(現日本製鉄)に総額13億6千万ウォン(約1億2500万円)の賠償を命じる確定判決を出して以降、韓国政府が具体的な解決策を提示したのは初めて。
河野太郎外相は19日、韓国の発表について「韓国の国際法違反の状態を是正することにならず、提案は受け入れられない」と自身のツイッターで表明した。

日本政府は19日、韓国の提案に先立ち、問題解決に向け、第三国に委員の人選を委ねる形式での仲裁委員会開催を韓国政府に要請した。

日韓双方が直接委員を人選する形式による仲裁委を開くよう求めたのに対し、韓国が起源である19日午前0時までに回答しなかったため、要請内容を切り替えた。




DSC_4228
日本政府は、元徴用工の個人請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとして判決を強く批判。

韓国政府は李洛淵首相を中心に対応を検討してきた。
今回の提案は被告の日本企業に加え、協定に基づく日本からの経済協力で恩恵を受けた韓国企業も出資する形式で、日本側の理解を得たい考えとみられる。

韓国政府としては、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で日韓首脳会談を見送るべきだとの意見が日本で強まる中、懸案の徴用工問題で具体策を提示した形。
ただ、日本政府は日本企業の出資を前提とする提案を批判しており、首脳会談の実現につながるかどうかは不透明だ。




DSC_4229
日本政府は問題解決に向けて、2国間協議を1月から要請。
韓国が具体的な回答をしなかったため、5月20日に次の段階となる仲裁委員会の開催を要請した。(ソウル、東京共同)



190718-190620徴用工両国企業が賠償


190614 韓国議長「天皇」発言謝罪 訪韓中の鳩山元首相に

DSC_4213
’19/06/14付北海道新聞朝刊4面の記事

韓国議長「天皇」発言謝罪
訪韓中の鳩山元首相に


【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は13日、訪韓中の鳩山由紀夫元首相とソウルで会談し、天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決するとした文氏の発言は失礼に当たるとの指摘を鳩山氏から受け、「心を痛めた方たちに申し訳ないと伝える」と述べた。
発言を巡り文氏が謝罪するのは初めて。
韓国国会が両氏のやりとりを明らかにした。




DSC_4216
文氏はこれまで、日本政府からの謝罪と発言撤回要求に反発し拒んできたが、立場を変えた。
極度に悪化している日韓関係を考慮した可能性がある。

文氏は2月に報じられた米メディアとのインタビューで発言し、3月に韓国紙が掲載したインタビューでも同様の考えを繰り返した。

韓国国会の発表によると、鳩山氏は、文氏の発言は韓国爺の立場では納得できるかもしれないが、日本人にとっては天皇にまで言及することは失礼だと考え得ると指摘した。
これに文氏は「全く同感だ」と述べ、謝罪の意を示した。




DSC_4217
聯合ニュースによると、文氏側は13日の発言について「韓日にはおのおのの立場があるということに同意し、(聞いた人が)心を痛めたのなら申し訳ないとの趣旨での発言だ」と説明した。


190717-190614韓国議長天皇発言謝罪