Cameraと散歩

since '140125

170817 テーブルタップ

DSCT1055
DENON PMA-1500SEで曲を聴きながらテーブルタップから使っていないブラグを1個引き抜こうとしたら、アンプの電源がバチバチと音を立ててオンオフを繰り返した。

そういえば、チューナーのプラグが熱を持って一部が溶けかかっていたことがあったのを思い出し、このテーブルタップはもう寿命がきていることを悟った。

せっかく買ったアンプが、それが原因で故障したらいけないので、早速電気屋に行って手頃なのを買ってきた。



DSCT1057
製品の箱の裏の説明書の下部に小さく「日本製」と表示してあるのがあったのでそれを買ってきた。
他の製品はおきまりの「Made in China」だった。



“DSCT1059"
箱の上部に目立たなく「Panasonic」と印刷してあった。

中国の鄧小平副総理(当時)が来日した時、大阪の松下電器の工場を見学した際、中国で工場を建設し中国の近代化を手伝ってくれないかと相談役の松下幸之助翁に要請した。

松下電器はそれに応えて中国に工場を建設し、このことにより各国からの工場進出があり中国が世界の工場とまで言われるようになったという。

ところが、2012年に暴徒化したデモ隊がパナソニックの電子部品工場に乱入し工場からは出火したという。

現在も各社の多くの家電製品がMade in China であるが、このテーブルタップは日本製である。

恩を仇で返されたので、パナソニックは中国の工場を閉鎖したのだろう。

世界第2位の経済大国となった中国へ、日本はまだODAとやらを続けているのではないか。



170809 取り敢えず・・・

DSCT1001
TA-F555ESAを送り出した後、次のアンプを探したのだがすでに時代は変わっていてコンボーネント・オーディオの世界は超高級路線しか残っていなかった。


DSCT1003
現在生き残っているのは、DENONマランツ、ラックス程度で、ラックスも高級路線で生き延びているとのこと。


DSCT1005
取り敢えずすぐ手に入る手頃なものはDENONのものと・・・。
TA-F555ESAは、実行出力120W+120W(8Ω)を繰り出す質量24.6kg消費電力300Wでソニーのプリメインアンプのフラッグシップモデルである。



DSCT1008
今回手元に届いたのは、デノンのPMA-1500SE 定格出力70W+70W(8Ω)、質量15.5kg、消費電力295Wで定価は当時90,000円だったらしい。


DSCT1010
昔はDENONと書いて「デンオン」と読んでいたが、輸出するようになって外国で「デノン」と読まれるようになったから社でも「デノン」と正式に名称を変えたという。
なんだか意味がわからなくなっている。



DSCT1011



DSCT1012
裏のスピーカー端子はふた組あるが、全面のパネルにはスビーカー切り替えスイッチはなく、サボートに尋ねると「バイワイヤリング」用とのこと。
私にはなんのことか解らなかった。



DSCT1013



DSCT1014



DSCT1015
ボリュームの上に書かれている繊細な?文字もこのアンプの性格を表しているようだ。


DSCT1004
TA-F555ESAは、力強くゴリゴリと押し出してくる音だったが、PMA-1500SEは明るい音と説明された。
TA-F555ESAは、塗装も黒で横板は木目調だった。
PMA-1500SEは、全面のパネルが横に細かい線の入った銀色の板で、天板もくすんだ銀色をしていて、音の特徴をよく表しているようだ。



DSCT1017
取り敢えず定位置に納めて様子を見ることにする。



170804 東千歳中学校・東小学校美術展

DSCE4760
東千歳中学校と東小学校の美術展が千歳市民ギャラリーで開かれています。


DSCE4759
会期は8月2日から6日の日曜日までで、午前11時から午後5時までです。


DSCE4761
堺アートグランプリ : 入選、佳作 全日本学生美術展 : 特選 全国学校秀作展 : 特選、秀作賞、全日本美術教育連合賞 道展U21 : 優秀賞、入選 北海道海の絵展 : 銅賞、佳作 道中学生海の絵展 : 金賞、銀賞、銅賞 牛の絵展 : 金賞、入賞 鹿追町馬の絵展 : 文部科学大臣賞、ホテル福原社長賞、佳作 他 見応えのある作品が1階展示場にびっしり展示してある。


DSCE4765


DSCE4770
ロシア ノボシビルスク市(人口約160万人)の3歳から14歳までの子供が書いた絵。
ART-Studio "Kaylia" カイリア(つばさ)


DSCE4771
ロシアの風俗、自然、動物などが描かれていて興味を引く。


DSCE4772
画家が教室を開いていて、絵に興味のある子供が習いに通っているとのことで子供の個性がよく引き出されているようだ。


DSCE4773


DSCE4793


DSCE4792


DSCE4780


DSCE4763


DSCE4781


DSCE4791


DSCE4775
木工加工の作品、陶芸の作品なども展示されていて、こどもたちの楽しそうな顔が見えるようだ。


DSCE4782


DSCE4766


DSCE4786
ここに展示してある作品は”グリザイユ技法”という技術で描かれているとの説明を受けた。


DSCE4784


DSCE4783


DSCE4769


DSCE4767


DSCE4768


DSCE4776


DSCE4778


DSCE4779


DSCE4785


DSCE4787


DSCE4788


DSCE4789


DSCE4790

平成29年8月2日から6日まで 10:00 〜 17:00
千歳市民ギャラリー 千歳市千代田町5丁目
駐車場 千歳市地下駐車場 認証印(市民ギャラリー受付でスタンプ)で4時間まで無料