Cameraと散歩

since '140125

履歴稿

200305 亀山城と歩兵12連隊 その2

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 亀山城と歩兵12連隊 その2 当時善通寺第11師団の歩兵部隊として丸亀に在った歩兵台12連隊の兵舎は、亀山城の直前の内堀から五米程の所に建ち並んで居て、その営門前が丁度城の外堀になって居た。 したがって兵舎の営門は、亀…

200118 香川県編 亀山城と歩兵12連隊 その1

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 亀山城と歩兵12連隊 亀山城は、丸亀市の南端に在って、平地にポッカリと築かれている城であった。 そして小さいながらも、とても形の整った城であった。 明治維新の前には、京極家の居城であったが、その築城は徳川時代の初期に生…

191120 香川県編 入学

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 入 学 満6歳になった私は、明治41年の4月1日に丸亀市立尋常小学校の第一学年生として入学をした。 当時の丸亀市には亀山城を象徴したものか、その校名の頭字に城の字を用いた。 城北、城西、城けん、と称した3つの小学校があった…

190928 香川県編 兄が帰って来た

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 兄が帰って来た 倒産をしたので家屋敷を始めとした不動産の整理を済ました私達の家族は、二つに別れてそれぞれ心中の地へ移ったのであった。 私の祖父小三太と言う人は、香川県の綾歌郡山内村字新名と言う所で、漢方医を開業して…

190912 香川県編 幼稚園

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 幼稚園 私が、幼稚園へ入園をした日時については、父の履歴稿に記録されて居ないので、正確なことはわかっていないのだが、明治40年の春ではなかったかと私は思って居る。 母の末の妹に久枝と言う叔母が居たのだが、私達が丸亀へ…

190723 香川県編 蜂の巣と蝦蟇

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 東練兵場と野戦病院 丸亀の歩兵第12連隊には、東西に別れた二つの練兵場があって、私達の近くに在ったのを東練兵場と言って居た。 私達が丸亀へ引越して来た年が、丁度日露戦争が終わった翌年のことであったので、この東練兵場に…

190808 香川県編 東練兵場と野戦病院

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 東練兵場と野戦病院 丸亀の歩兵第12連隊には、東西に別れた二つの練兵場があって、私達の近くに在ったのを東練兵場と言って居た。 私達が丸亀へ引越して来た年が、丁度日露戦争が終わった翌年のことであったので、この東練兵場に…

190705 香川県編 丸亀の新居

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 丸亀の新居 丸亀市へ転居した父母と私と言った3人が引越した新居は、殆んど市の郊外に近い所に在って、その家の玄関を通り過ぎて左へ30米程行った所が、丸亀歩兵第12連隊の練兵場になって居た。 しかし、その練兵場の面積がどの位…

190617 香川県編 転居

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 転 居 私は、4歳の春に父母と共に丸亀市へ転居をした者ではあるが、父はこの転居について、その履歴稿に、 1、明治39年5月27日、香川県丸亀市土居町へ転居す。 と、記録をして居る。 当時4歳であった私には、何故転居をしなけ…

190602 香川県編 私の生家

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 私の生家 私の生家は、300年の歴史をもった郷土の旧家であって、明治維新前の幕政時代には、苗字帯刀を許されて居た家柄であったと私は父から聞かされて居る。 また、藤原源氏の末裔であるとも父は言って居た。 私が生家で育った…

190429 香川県編 出生・私の父・私の母・父と素人芝居

履 歴 稿 紫 影子 香川県編 出生 私の出生を、父はその履歴稿に 1、明治35年2月7日午前7時、男子(二男)出生、義章と命名す。 産婆、鴨の庄の住、藤井時蔵の妻・ムメ と記録している。 私の父 私の父は長男であって、その出生を履歴稿に、 1、明治9年1月11…

190423 履歴稿 まえがき

履 歴 稿 紫 影子 まえがき 凡そ、人と言う人の人生には、各人各様の、さまざまな生きかたがあるのだが、その少年の日に於て、誰もが描く夢と言えば、栄達を果たして社会的な地位を獲得したいと念ずる者と、蓄財に成功しようと志ざす者との二者に尽きると思…