読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

170115 スバル インプレッサ アネシスのリコール

IMGP0744
‘16年11月25日にスバルインプレッサアネシスのリコール報道があった。
車台番号で調べると該当することがわかった。


DSCF2132
リコールの内容の1点目は、
「エンジンのウォーターポンプベアリング部の組み付け隙間が小さいため、ベアリングが破損し、ウォーターポンプがが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある。そのため、タイミングベルトが破損し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止して再始動できなくなる畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2184.jpg


2点目は、
「助手席用エアバッグの膨張装置のガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時に膨張装置容器が破損する畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2183.jpg

1点目のウォーターポンプは12月16日に交換したが、2点目のエアバッグは在庫がないという。
それで、助手席を使わないようサンバイザーに警告書が貼られた。

交換時期はいつ頃になるのか尋ねたところ約1年後になるという。
エアバッグは、あのタカタ製で、まだ作っていないのでこれから作り準備できたら連絡するという。