読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

160408 PENTAX K-S2 嬉しさ半分 寂しさ半分

K-S2

DSCF4203
PENTAX K-S2 Wズームキット

PENTAXのK-S2 Wズームキットを買った。

DSCF4202
外箱に各製品の生産国が書かれている。
K-S2 18-50mm 50-200mm は、ベトナム
バッテリー 充電器とそのコードは、中国
ストラップは、フィリピン
ソフトウェアは、香港である。


DSCF4204
箱から出して並べる。
これに、PENTAX K-S2 スタートガイドという冊子とソフトのCD-ROMが入っている。


DSCF4207
PENTAX K-S2

ボデイキャップは輸送のためだけの簡単なもの。
質量は678g


DSCF4209
K-S2背面
十字ボタンの形状は押しづらそう。


DSCF4212
バリアングル画像モニター

バリアングル画像モニターが採用されているからK-S2を選んだ。
これが出るまでは、K-5IIsの中古を狙っていた。


DSCF4213
最後のカメラにペンタックスを選んだ。


私が最初に買った一眼レフカメラがPENTAX SP2 だった。鮒に始まり鮒に終わる
ではないけど、最後にペンタックスを使いたかった。
国産初の一眼レフカメラを発売したのは旭光学工業だった。
世界で一眼レフカメラを作り続けているのは、Nikon Canon PENTAXだけだろう。
Nikon Canonは世界的なブランドとなり、揺るぎようもない。
PENTAXHOYAにお世話になり、今はRICOHに身を寄せている。
私ができる応援は、製品を買うことである。

PENTAXには、TAvという撮影モードがある。
シャッタースピードと絞りを指定すると、露出の調整はISO感度で行う というものだ。
他社のカメラには、これほど明確なモードは見当たらない。
K-7が発売された頃からいつかは買いたいと思っていた。
E-620 DMC-G1 E-M5とバリアングル画像モニター付きのカメラの便利さは十分味わっていたので、バリアングル画像モニターが採用されたK-S2が発売された時は次に買うカメラはこれに決めていた。

カメラのホディデザインは見ているだけで満足するといったものではないが最後のカメラを買えた"嬉しさ半分"と、もう今後カメラは買えないのだという思いが"寂しさ半分"という気持ちで複雑なのである。





DSCF4221
K-S2の底面


R0016438
ベトナムで組み立て、ということか。
中の部品はどこで作っているのだろうか。


DSCF4217
左肩にRAW/Fxというボタンがあるが何のボタンか分からない。

DSCF4222
DA L 18-50mm F4-5.6 DC WR RE

18-50mmのキットレンズで、レンズマウントキャップは簡単なもの。
レンズフードは専用品が別売りとなっている。


DSCF4226


DSCF4228
WRは防滴構造の意味で赤いのは防滴リング

R0016437
組み立てはベトナム

DSCF4230
沈胴式レンズだが、引き出すとこうなる。

DSCF4232
DA L 50-200mm F4-5.6 ED WR

50-200mmのレンズである。

DSCF4240


DSCF4242
充電的リチウムイオンバッテリー、バッテリー充電器

充電的リチウムイオンバッテリー、バッテリー充電器は中国製

R0016433
MADE IN CHINA と表示されている。

R0016434



DSCF4246
DA 16-85mmF3.5-5.6 DC WR

18-135mmも考えたのだが、135mmもいらないし16mmを使ってみたかった。

DSCF4247
組み立てはベトナム


DSCF4248
DA 16-85mmF3.5-5.6 DC WR フードも付いているし、レンズマウントキャップもしっかりしたもの

DSCF4249


DSCF4252
レンズマウントは金属製。 質量は、517g
K-S2に16-85mmをつけると約1.2Kg