読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cameraと散歩

since '140125

170415 共謀罪

'17/04/15の朝刊34面に「共謀罪を考える」と題して書かれている。 反対の声 若者からも 「国が言うこと正しいか考えよう」の見出し 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に対し、若者たちが反対の声を上げ始めている。…

170413 介護法改正案強行採決

'17/04/13の朝刊5面に介護法改正案強行採決 衆院厚労委「共謀罪」審議に影響も の見出し記事がある。 中身の記事はこうだ。 衆院厚生労働委員会は12日、介護保険関連法改正案を自民、公明両党などの賛成多数で可決した。 民進党議員が改正案と直接関係のない…

170404 教育勅語

2017/04/04の北海道新聞「卓上四季」に教育勅語について書いてあった。 中段に、 勅語に親孝行や夫婦円満などの徳目が盛りこまれているが、そもそも明治政府が天皇制を守るために国民に授けた教えだ。 「万一危急の大事が起こったならば・・・一身を捧げて皇…

170320 報道の自由

平成29年3月20日の朝刊記事である。 1面のトップ記事は北海道新幹線開通後の函館、北斗市の観光客誘致に関する記事である。 その横に北海道下川町出身ジャンプスキーの葛西選手の19日に行われた競技結果2位の記事である。 この19日には安倍晋三首相がドイツ…

170311 朴槿恵大統領罷免宣告の記事

3月11日の朝刊記事 10日、南スーダンPKO5月末めどに撤収することを国家安全保障会議が決定の記事が大きく、 同じく10日、韓国憲法裁判所が朴槿恵大統領(65)の罷免を宣告した記事が小さく並んだ。 朴氏は2013年韓国初の女性大統領として就任したが、罷免さ…

170226 正男氏殺害 中国は静観

'17/02/26の朝刊記事 正男氏殺害 中国は静観 北朝鮮への対応に苦慮 【北京今川勝照】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、中国政府が静観を続けている。 国営メディアは正男氏を「北朝鮮国籍の男性」と表現するなど、報道は抑制的…

170203 三権分立 民主主義の国 アメリカ

'17/02/01の卓上四季 トランプ米大統領は難民やアフリカ、中東7カ国の国民の入国を制限する大統領令を出した。 全米15州などの司法長官は、憲法違反との声明を発表した。 議会では与党・共和党からも批判の声が上がった。 司法と立法による明確な「抑制」だ…

170202 軍事力

'17/1/27の朝刊の卓上四季に、科学者の軍事技術に応用可能な基礎研究には否定的な臭いがぷんぷんである。 「安全保障技術研究推進制度」の新年度予算案に計上された額は、16年度の18倍の110億円で、この制度が平和憲法を持つ国にふさわしいのか、人間として…

170117 19年元日に新元号

1月11日の朝刊に「19年元日に新元号」との見出し。 なんか変 19年って西暦19年のことだろう。 なら、’19年と書くべきではないのか。 西暦に元号ってあるの?って疑問。 「平成31年元日に新元号」って書くべきではないのか。 もっと言えば、「皇紀2679年元日…

170108 少女像対応で朴外交を批判 韓国紙

少女像対応で朴外交を批判 韓国紙 「少女像対応で朴外交を批判 韓国紙」との見出しの1月8日の北海道新聞の記事である。 韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦被害を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として日本が駐韓大使の一時帰国などを決め…

161228 比ドゥテルテ大統領 止まらぬ暴言

'16/12/28 北海道新聞朝刊、とうとう書きました比ドゥテルテ大統領の暴言。 止まらぬ暴言 対米同盟に影 比ドゥテルテ大統領 就任半年 国内で高支持率 国際社会は批判 の見出しでバンコクから堂本晴美記者の記事 TVではとても放送できない言葉で侮辱した、と…

’16/12/21の卓上四季

’16/12/21の卓上四季 普天間飛行場の辺野古への移設を巡り、埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事を国が相手取った訴訟で、最高裁は国に軍杯を上げた。 基地の負担は県内で引き受けるとする国の方針にお墨付きを与えた。 沖縄に米軍が集中する差別に思い至…

161210 厚木基地の騒音訴訟で

16/12/10の卓上四季 卓上四季氏は、 神奈川・厚木基地の騒音訴訟で最高裁は住民が求めていた自衛隊機の飛行差し止めを認めなかった。 〜ことについて、 健康被害より防衛上の必要性を優先した。 さらに、被害が大きい米軍機の差し止めについては判断すらしな…

161110 女性初か 異端者か

'16/11/09 女性初か 異端者か という見出しの米大統領選挙の記事。 '16/11/10 米大統領 トランプ氏 過激な主張 米最優先 8年ぶり共和政権 クリントン氏惜敗 米大統領選開票状況 得票率 クリントン 47.7%(59,382,858) トランプ 47.5%(59,209,400) 選挙人数 ク…

161026 強行採決

’16/10/23朝刊の卓上四季に、 安全保障関連法案では衆院の特別委でも、与党が審議を打ち切って採決を強行した。 ところが安倍晋三首相にはこうした一連の採決も「強行」とは映ってないようだ。 「わが党においては結党以来、強行採決をしようと考えたことは…

161021 報道の自由

'16/10/15の朝刊 北方領土 日米安保適用外に 返還後想定 ロシアが要求 日ロ両政府が進めている平和条約締結交渉で、ロシア側が北方領土の島を引き渡すことで合意した場合、引き渡し対象となる島を日米安全保障条約の適用地域から除外するよう日本に求めてい…

161015 武力衝突と戦闘

’16/10/13の新聞記事に「南スーダン 武力衝突増加」の見出しで、 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)、南スーダン派遣団(UNMISS)は12日、同国情勢について「この数週間、国内各地で暴力と武力衝突の報告が増加し、非常に懸念している」との声明を発表。…

’16/10/08 の卓上四季

’16/10/08の新聞1面にある卓上四季に、次のように書いてある。 ▶︎韓国に「空の星を取るぐらい難しい」との言い回しがある。 出張の折、取材相手が苦しい状況を表すのによく使っていた。 ノーベル賞もその類いなのか。 ▶︎大隈さんの記者会見での言葉を思い出…

160516 画家 佐藤 武 氏 の新聞記事

北海道現代具象展の会員で毎回同展に出品している佐藤武氏が、'16/05/16の北海道新聞の記事で紹介された。 北海道現代具象展

160510 新聞の主張

’16/05/10の新聞の主張 『読者の声』 経過が不明 TPP交渉 軍事機密ならいざ知らず、TPPは国民の食料、医療をはじめ、生活全般に関わる内容なのだ。 政府の独断で決めていいはずがない。(78) 道議会庁舎建て替え 5年前に既定路線 非公開協議 35回の内容判…

160305 辺野古移設 沖縄と再協議 和解成立 国、方針変えず

‘16/03/05の朝刊記事から 辺野古移設 沖縄と再協議 和解成立 国、方針変えず 安倍晋三首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる代執行訴訟で、福岡県高裁那覇支部が示した工事中止を含む和解案を受け入れると表明した。 県…

160224 NHK籾井会長 障害者差別発言 衆院委で、後に撤回

‘16/02/24の新聞記事から NHK籾井会長 障害者差別発言 衆院委で、後に撤回 NHKの籾井勝人会長が23日の衆院総務委員会で、聴覚障害者に対する差別用語を使い、発言を撤回する場面があった。 籾井会長は、自身が主導し、後に断念したNHKのグループ会社に…

'16/01/30 犠牲51万人 両陛下供花

‘16/01/30新聞記事から 犠牲51万人 両陛下供花 フィリピン 慰霊の旅 平和祈る 【カリラヤ【フィリピン】伴野昭人】フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は29日、ラグナ州カリラヤに日本政府が建立した「比島戦没者の碑」に花を供え、拝礼した。 全…

’16/01/28 の新聞記事 天皇陛下、フィリピン訪問

’16/01/28 の新聞記事 天皇陛下、フィリピン訪問 甚大な戦禍「深く心に」 天皇陛下、犠牲者悼む 【マニラ伴野昭人】フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は27日夜、大統領府があるマラカニアン宮殿で開かれたアキノ大統領主催の晩餐会に出席した。 天皇…

150920 変貌する自衛隊の「専守防衛」 「殺し、殺される」リスク

’15/09/20の新聞記事 柳沢協二の安保国会チェック やなぎさわ・きょうじ 46年生まれ、東大法学部卒業後、旧防衛庁に入り、 04〜09年に安全保障担当の官房副長官補を務めた。 ・変貌する自衛隊の「専守防衛」 「殺し、殺される」リスク 安全保障関連法が成立…

150920 安保法制 参院選へ攻防

’15/09/20の新聞記事 安保法制 参院選へ攻防 首相「国民に説明」 野党「白紙に戻す」 19日午前2時18分、野党が「憲法違反」と連呼する中、集団的自衛権行使を可能にする安全保障関連法案が参院本会議で成立した。 賛成148票、反対90票。 自公両党と日本を元…

150919 自衛隊 どう変わる  危険度 格段に高く

’15/09/19の朝刊記事 自衛隊 どう変わる 危険度 格段に高く 戦後日本の安全保障政策を大転換させる安全保障関連法案が、参院本会議で可決、成立する。 自衛隊法など10本の改正と新たな恒久法1本を制定し、集団的自衛権の行使を可能にするほか、他国軍への後…

150919 戦後70年 自衛隊の歩み (2010〜2015)

’15/09/19北海道新聞 戦後70年 自衛隊の歩み (2010〜2015) ④ 中国の台頭 2010年9月 尖閣諸島沖で海上保安庁巡視船に中国漁船が衝突 2012年4月 自民党が「日本国憲法改正草案」を公表 2012年9月 政府が尖閣諸島を国有化 2012年12月 自民党が政権復帰。第二…

150919 戦後70年 自衛隊の歩み (1990〜2009)

’15/09/19北海道新聞 戦後70年 自衛隊の歩み (1990〜2009) ② ポスト連戦と湾岸戦争 1990年8月 イラクがクェート侵攻 1991年1月 米英など多国籍軍がイラク空爆を開始。湾岸戦争開戦 1991年4月 停戦後、海上自衛隊がペルシャ湾で機雷除去 ➡︎ 初めて海外に派…

150919 戦後70年 自衛隊の歩み (1945〜1989)

’15/09/19北海道新聞 戦後70年 自衛隊の歩み (1945〜1990) ① 冷戦時代と日米安保 1945年8月 日本がポツダム宣言受諾、終戦 1947年5月 日本国憲法施行 1950年6月 朝鮮戦争勃発 1950年8月 警察予備隊創設 1952年4月 サンフランシスコ講和条約、日米安全保障…

150919 安保法制 各国の反応

’15/09/19の北海道新聞 安保法制 各国の反応 日本が集団的自衛権の行使を可能にするため、19日未明に参院本会議で成立する安全保障関連法を各国はどう見ているのか。 米国、中国、韓国、ロシアの反応をまとめた。 (ワシントン・橋本克法、北京・鈴木徹、ソ…

150919 不戦の歩み 転換 安保法成立

’15/09/19の北海道新聞朝刊記事 不戦の歩み 転換 安保法成立 集団的自衛権 行使可能に 歴代政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は19日未明に参院本会議で採択され、自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立する。 廃案を訴え…

151126 安保法成立  国民に賛否

’15/10/10 道新こども新聞 週刊まなぶん の記事 国民に賛否 安保法成立 国を守る防衛政策が大もとから変わります。 アメリカなど親しい国が攻撃されたらいっしょに武力で反撃する集団的自衛権の行使(実際に使うこと)をふくむ安全保障関連法が、安倍晋三首…

150929 「安保法案」子どもも考えて 2-2

’15/08/29 道新こども新聞 週刊まなぶん の記事 「安保法案」子どもも考えて 2-2 大学の先生の文章 わかりやすく書き直し わたしの「やめて」 くにと くにの けんかを せんそうと いいます せんそうは「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」という…

150829 「安保法案」子どもも考えて 1-2

’15/08/29 道新こども新聞 週刊まなぶん の記事 「安保法案」子どもも考えて 1-2 大学の先生の文章 わかりやすく書き直し 「日本の平和を守るため」という理由で政府がつくった法律の案について、国会で話し合いが進んでいます。 しかし大学の先生など多くの…

150918 安保法案 新聞報道

9月17日参院平和安全法制特別委員会で安保法案が賛成多数で可決されたことの新聞報道に載った写真である。 佐藤正久委員が左の委員の顔面を殴っているように見える。 「17日午後4時30分中川明紀撮影」とある。 確かにこういう場面があったのであろう。 その…

150904 TPP問題 北大・東山寛先生に聞く

’15/07/04の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から TPP問題 北大・東山寛先生に聞く (農学部講師=専門は農業経済学) 農家減り町消える 国は約束守るべき 日本が「関税はなくさない』と主張していた、コメなど「重要な5品目」の農産物は、「聖域(ふ…

150704 TPPって何ですか?

’15/07/04の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から TPPって何ですか? 税金を減らして貿易しやすく 北海道の農業には大きな問題 「TPPについて、子どもでも分かるようにくわしく教えてほしいです」。 後志管内真狩村の川西杏さん(御保内小6年)から「…

150627 戦争について知ってる?

’15/06/27の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から 『こどもっと意見』 戦争について知ってる? 子どもの顔知らぬまま戦死 ♦︎ 自分も行くことになるかも 多くの命をうばった第2次世界大戦が終わってから、今年で70年。 小学生はどのように戦争について…

150606 銃剣なくても戦い続ける

’15/06/06付け道新こども新聞「週刊まなぶん」の記事から 銃剣じゅうけんなくても戦い続ける 司令官「勇ましい意見」おし通す インパール作戦はなぜ実行されたのでしょうか。 日本軍では「てきの力をよく調べて注意深く考えよう」という意見より「きけんはあ…

150606 戦争 日本兵たちは インパール

’15/06/06付け道新こども新聞「週刊まなぶん」の記事から 戦争 日本兵たちは インパール 日本軍は1944年、イギリスが治めていたインド北東部をせめる「インパール作戦」を行いました。軍の中からも「むちゃだ」と反対意見が出ましたが、司令官は聞こうとしま…

150418 「二度としない」平和をちかう

’15/04/18付け道新こども新聞「週刊まなぶん」の記事から 「二度としない」平和をちかう 日本が日中戦争と太平洋戦争で負けてから70年がたちました。 多くの人が戦争で死んだので、日本は「二度とこんな思いをしたくない」と平和な国づくりをちかったのです…

141117 慰安婦問題を考える 3つの論点

’14/11/17の北海道新聞 13面 慰安婦問題を考える 3つの論点 従軍慰安婦問題の主な三つの論点について、まとめた。 政府、軍の関与 政府は1992年1月の宮沢喜一首相の韓国訪問を前にした91年12月から、93年7月末にかけて、本格的な調査を行った。 その結果、「…

141117 慰安婦問題を考える 日韓条約 混迷の原点

’14/11/17の北海道新聞朝刊 13面 慰安婦問題を考える 日韓条約 混迷の原点 従軍慰安婦問題が解決しない理由をたどると、1965年の日韓基本条約締結に行き着く。 元慰安婦への対応など、戦後補償問題を十分に協議しないまま、日韓両政府が「両国の請求権問題は…

141117 慰安婦問題を考える 本紙「吉田証言」でおわび 内容の信憑性薄いと判断

’14/11/17の北海道新聞朝刊 13面 慰安婦問題を考える 日本と韓国の関係は冷え切った状態が続いている。 先に北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の機会にも、首脳会談が見送られ、実現のめどは立っていない。 最大の懸案になっているのが従軍慰安…

141117 軍の関与と責任は消せぬ

’14/11/17の北海道新聞朝刊 12面 慰安婦問題 識者の見方は 軍の関与と責任は消せぬ 京大大学院教授 永井 和さん 吉田清治氏の著書には二つの疑問点がある。 所属していたという労務報国会は荷役業務や土木作業に従事する日雇い労働者の動員業務に従事する半…

141117 政府は国際社会で反論を

’14/11/17の北海道新聞朝刊 12面 慰安婦問題 識者の見方は 政府は国際社会で反論を 東京基督教大教授 西岡 力さん 慰安婦を論じるには、現在の視点だけでなく、当時の社会的背景を考慮に入れる必要がある。 戦前の日本と朝鮮では、深刻な貧困を背景に、今と…

141117 慰安婦問題 識者の見方は 歴史見つめる努力 怠るな

14/11/17の北海道新聞朝刊 12面 慰安婦問題 識者の見方は 歴史見つめる努力 怠るな ノンフィクション作家 半藤 一利さん 従軍慰安婦問題の本質は朝鮮民族の女性の人権をまったく無視し、ひどい思いをさせたというヒューマニズムの問題である、という認識を持…

141117 「吉田証言」報道をおわびします

’14/11/17の北海道新聞の記事から 「吉田証言」報道をおわびします 従軍慰安婦問題を考える特集を12、13面に掲載しました。 朝鮮人女性を強制連行したと告白した故吉田清治氏の証言はこの問題の論点の一つです。 北海道新聞は過去に吉田氏の証言に関する記事…

141117 沖縄知事に翁長氏

’14/11/17の北海道新聞から 沖縄知事に翁長氏 辺野古移設反対 推進の現職破る 任期満了に伴う沖縄県知事選が16日、投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する無所属新人の前那覇市長翁長雄志おながたけし氏(64)が、移設手続き…